ヨーロッパ湖畔の町を巡る旅【GW2人旅】

ホテル アンドレオッティ ローマ滞在レポート

Hotel Andreotti|Roma Italy ★★★☆☆

ローマのホテル選び:
旅の初日4/30ローマ滞在は、夕方に到着して翌日夕方の航空便でヴェネチアへ発つため丸1日だけ。空港へのアクセスに便利な「テルミニ駅近くの宿」以外の選択肢はない。テルミニ駅周辺には手ごろな宿がたくさんあり困ることはない。逆に困ったのはありすぎてどこがいいか迷ってしまうことだ。今回ローマはおまけ程度の寄り道なのでホテルにさほどこだわりはない。立地の次に予算を重視してホテル予約サイトで探す。写真の雰囲気(たいてい2割増しぐらい補正してある)や口コミ評価(これもそのホテル予約サイトの口コミだけではなくトリップアドバイザーなど他のサイトも参考にするとよい)を見て最終的に決めたのがホテルアンドレオッティでした。写真の雰囲気が素敵だったのです。

ホテルの予約:
中級ホテルでスタンダードツインが一泊一部屋朝食付きで4/6に予約した時点で11729円。1人当たり約6000円。最安値Expediaで予約して事前カード精算。4/27までキャンセル無料。価格は時期や予約のタイミングなどもあるけど、だいたい1万円前後。

ホテルに滞在した感想:
テルミニ駅を出て右方面へ歩いて約10分とアクセス良好。周囲には数件のホテルが集まる静かな界隈。周囲にはカフェやレストランもありました。古い建物を改装してしているのが逆に風情があってよかったです。木製のエレベーターがレトロでおしゃれ!部屋が広くはないのはローマの駅近くという場所柄相場でスーツケースを広げるには難儀な感じ。私たちはキャリーバック派なので問題なし。バスルームは広くてゆったりバスタブもあったのはうれしかった。中級クラスで駅近というとシャワーのみというところが多いから貴重かもしれない。
予約サイトのホテルでは「ボザール様式」と紹介されていて「ボザールってなんぞや?」と調べてみたら、アメリカ人が本国に持ち帰ったヨーロッパ古典様式とのことらしい。アメリカンフィルターを通したヨーロッパ古典様式・・・なんともひねくれているが経営者がアメリカ人なのであろうか。確かにロビーラウンジなど大変おしゃれで華美な感じにしつらえてあったけれど、もしかしたらちょっと間違っているのかもしれないね。そんなゴージャスな雰囲気のラウンジには小さなバーが併設されていて到着日の夜にワインを頂きました。やまもりのおつまみもついて12ユーロと良心的。あと1階には自動販売機があって水やスナック類が買えます。
一番よかったのは朝食!食事場所の1階奥レストランはこじゃれていて雰囲気もよくて、メニューは数種類のパンにサラダにベーコンや卵のホットミールもあって、シリアルにヨーグルトにフルーツに数種類の焼き菓子♪朝から気分上々♪
フロントではチェックアウト後の荷物も快く預かってくれてタクシーもすぐに手配してくれたりと良い感じでした。

良いところ: 朝食・バスタブ・サービス・インテリア
イマイチなところ:部屋の広さ
ということで値段相応なのかなという結論です。

ホテルの予約はこちら:ホテル アンドレオッティ ローマExpedia
この宿の口コミ:トリップアドバイザー で検索


■ホテルアンドレオッティの写真:

部屋はダブルベットルーム。インテリアは重厚な赤で統一されていました。


バスルームは広い。アメニティやドライヤーは揃っています。

バスタブがうれしい。シャワーカーテンがないけど、逆に日本風にためて入ったので問題なし

窓からの景色。エントランスがある通り側ではなく、反対側(中庭?)に面していました。

ホテルのフロアマップ。滞在したのは角にある208号室。

レトロなエレベーターが風情あり

ゴージャスなラウンジ。これが「ボザール様式」なのかしらん

朝食会場♪クラシカルな作りで朝からヨーロッパにいることを実感しながら朝食を楽しめます。メニューも大満足♪


ホテルのエントランス。

ホテルエントランス(夜)


ホテルの予約はこちら:ホテル アンドレオッティ ローマExpedia

この宿の口コミ:トリップアドバイザー で検索




先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ



Content:
ホテルアンドレオッティ外観:
アンドレオッティホテル外観
ホテルの地図:


より大きな地図で 2012GW を表示
ホテルの予約はこちら:ホテル アンドレオッティ ローマExpedia